柴犬がよく寝るのはなぜ?その理由と一日の様子を紹介します!

柴犬をはじめとする犬は、よく寝るということを知っていますか?
外で元気に駆け回っているイメージが崩れ去ってしまうほど、本当によく寝ます。

特に室内で飼っている柴犬は、
冬になるとストーブの前やコタツで丸くなって寝ていたりと、
まるで猫のようです。
この事実は、柴犬を室内で飼うまで知りませんでした。

外で飼っていた柴犬も、日中寝ていることはよくありましたが、
室内飼いの柴犬ほどではなかったと思います。

そこで、室内飼いの柴犬は、一体どのくらい寝ているのか、
検証してみたいと思います。

まず大ざっぱに、一日の様子を書き出してみます。

<起床:朝5時ごろ>
家族の誰よりも早く起床!
家族を起こしはしないものの、誰かが起きてくるまで待機。

<朝ごはん:朝7時ごろ>
待ちに待ったごはんの時間!
食後は、家族の身支度を見ながら、様子を伺っています。
家族が家を出た後は、のんびりタイム。

<昼間>
寝たり起きたり、たまに外(庭)に出たり、のんびりタイム続行。

<夕方>
家族が帰ってくる時間帯になると、ソワソワし始める。
帰ってきた家族と、ひとしきりお遊びタイム!
ごはんの時間が近づいてくると、エサを入れる食器の前でひたすら待機。

<晩ごはん:夜7時ごろ>
再び、待ちに待ったごはんの時間!
食後しばらくは起きているものの、午後8時ごろには寝床へ。
家族の誰よりも早く就寝。

それからは朝まで起きず、トイレにも行かずに熟睡!

とまあ、こんな感じなので、
いかに寝ているかが、よくわかると思います。

ちなみに、寝床で寝るのは夜だけで、昼間は色んな場所で寝ていることが多いです。
夜は、多少の物音でも起きませんが、昼間はすぐに反応するので、
夜は比較的深い眠りである一方、昼間は浅い眠りなのでしょうね。

昼間(家族がいない時間)と、家族が寝ている時間は、基本的に寝ているので、
ちゃんと起きているのは、朝と夕方だけということになります。

犬が必要とする睡眠時間は、12~15時間程度と言われています。
1日の半分以上は寝ていることになりますが、
人間と違い、犬は眠りが浅いため、
こんなにも長い睡眠時間が必要なのだそうです。

うちの柴犬の場合だと、
夜8時~朝5時(約9時間)と、
残りの睡眠は、昼間に取っていることになります。

平均以上寝ているイメージがありましたが、
こうやって書き出してみると、ごく普通の睡眠量だということがわかりました。

犬は人間と違って、惰眠をむさぼるなんてことはしないので、
寝すぎなのでは?と心配しなくても大丈夫です。

反対に、無理に起こして遊ばせるなど、睡眠不足の方が心配です。
特に、子犬のときは、たっぷりと睡眠を取らせてあげましょう。

眠っているときの柴犬の様子

寝姿もいろいろあって、クルンと丸まって寝ていることもあれば、体を横にして足を伸ばして寝ていることもあります。

日中はうつぶせで寝ていることが多いのですが、この体勢はすぐに起きれる状態であるのに対し、日中でも横になっているときは、比較的眠りが深いときの体勢です。

時には、おなかを上にする「ヘソ天」で寝ていることもあり、この寝姿が可愛くて好きという人も多いのですが、本気で寝ているときにしかしない寝姿なので、なかなか見る機会がないのが残念です。
完全にリラックスした状態の時にすることが多いため、いつもの寝床で寝ているときに、こっそりのぞいてみたら見られるかも知れません。

ちなみに、コタツの中で寝ているときは、日中でもかなりリラックスしているので、本気で寝ていることが多いです。

コタツの中からいびきが聞こえるなんてことは、日常茶飯事です。

暖かくて外の世界とも遮断されているコタツの中は、柴犬にとってリラックスできる最高の寝床なのかも知れませんね。

柴犬も人間と同じように、夢を見たりいびきをかいたりします。

いびきは、本当に人間のように、グーグー言いながら寝ているんです。
たまに、自分のいびきにびっくりして目を覚ますこともあって、その時のキョトンとした表情がおもしろくて、思わず笑ってしまいます。

夢を見ているときは、足を小刻みに動かしたり、甲高い声でワンワン鳴いたりするのですが、吠えるというよりは、口を開けずに鳴いている感じと言えばわかるでしょうか?
鳴き声も、いつもとは全然違う声なので、寝言なんだとすぐわかります。

夢の中でどこかを走っているのか、誰かと遊んでいるのかはわかりませんが、おそらく楽しい夢をみているのでしょう。

たまにしか見られないその姿は、とても可愛いですよ!

柴犬の睡眠事情についてまとめると、次のようになります。

1.柴犬は1日の半分以上は寝ている
2.夜は比較的深く眠っているが、日中の眠りは浅い
3.いろんな寝姿があるが、眠りの深さで体勢が変わる
4.人間のように夢を見たり、いびきや寝言をいったりする

以上、柴犬がよく寝る理由と、寝ているときの姿をご紹介させていただきました。
特に寝ているときの姿は、実際に飼っていないとなかなか見ることができない姿なので、
柴犬を飼ったら、ぜひ観察してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました