スポンサーリンク

柴犬はエアコンが苦手?暑さに強くて寒さに弱いって本当?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

柴犬はエアコン、特に冷房が苦手だってことを知っていますか?
元々外で飼うのに適している犬だからでしょうか。
夏にエアコンが効いた部屋にいると、外に行きたがります。
そして、真夏のあの暑さの中、外で日向ぼっこをしていたりするのですから、驚きです。

それでは、なぜ柴犬はエアコン(冷房)が苦手なのでしょうか?

理由は簡単、体が冷えるからです。
人間も、エアコンの効いた部屋にいて体が冷えると辛いですよね。
柴犬も同じで、外に出してあげると、エアコンが効いていない部屋や屋外で横になっていたりしますので、冷えた体を温めているように思えます。

しばらく室外にいて暑くなると、今度は部屋に入れて欲しいと訴えてきます。
すると、今度は涼しい部屋でゴロンと横になって寝て、また寒くなると部屋を出る・・・夏場はそれを繰り返していることが多いです。

反対に、冬は暖かい部屋にいるのが大好きなので、ストーブの前を陣取ったり、ほぼ一日コタツの中で過ごしたりしています。
コタツの中で丸くなっているのはネコだけじゃなく、柴犬も一緒なんです。

このことから、柴犬は暑さには強いけれど、寒さには弱いことがわかりますね。

意外ですよね?

犬って寒さに強いイメージが強いと思うのですが、実は苦手なんです。

苦手なのに、外で飼っている柴犬は大丈夫なの?と思うかもしれませんが、日本の四季に適応できる柴犬などの日本犬には、夏毛と冬毛があるのは知っている方も多いと思います。

外で飼っている柴犬は、季節に合わせて毛量が変化するので、厚着をしたり薄着になったりして調整することができますが、室内にいる柴犬は、毛量の変化が少なく、年中薄手のシャツ1枚で過ごしているようなもの。

室内で飼われている柴犬は、夏毛はともかく、室内の温かい環境にいると冬毛がほとんど生えないため、寒さに耐えることができません。

ずっと外で飼っている柴犬は、寒さに耐えうるだけの冬毛であるアンダーコートがたっぷり生えるため、人間が思うほど辛くないのかも知れませんね。

以前飼っていた柴犬も、ずっと外で飼っていましたが、真冬の寒い日でも小屋には入らず、ずっと外にいました。
寒風の中、寒そうに目を細めながらも、体をクルンと丸めて過ごしていた姿を思い出します。

近年多くなった柴犬の室内飼い。
室内で飼っている柴犬は、寒い季節になってもアンダーコートが生えず、厚着ができないため、寒がりになっています。
そのせいか、服を着ている柴犬をよく見かけるようになりました。
犬に服を着せるのはストレスを与えるだけ、と言われていますが、寒い場合は大人しく着ていることもあります。

室内で飼っている柴犬は、夜寝るときに寒くて鳴いたことがあります。
試しに服を着せてみたところ、最初は嫌がっていたものの、暖かいことがわかったのか、おとなしく寝てくれるようになりました。

でも、室内飼いの柴犬が、年中薄手のシャツで過ごしているのだとしても、さすがに夏は辛いんじゃないの?と思うかも知れません。
動物病院の先生が言うには、柴犬はどちらかというと熱さに鈍感なので、夏の暑さは意外と平気なんだそうです。

だから、真夏の炎天下の中で日向ぼっこができたり、冬は毛が焦げそうなほどの近距離でストーブの前にいても平気な顔をしているんですね。

でも、いくら暑さに強いとは言っても、近年の猛暑では、犬も熱中症にかかってしまう恐れがあります。
こまめに水を与えるなど、犬の体調管理は飼い主がしっかりと行うようにしましょう。
冬も、ストーブやコタツに入り続けていると、皮膚が乾燥してしまう恐れがありますので、注意してください。

もし、エアコンの効いた部屋から出してあげることが難しい場合は、バスタオルやタオルケットなどを用意してあげましょう。
お気に入りのマットやクッションなどでも良いです。

犬は、床に直接座ったり寝たりもしますが、飼い主の服やクッション・椅子など、何かの上に乗るのが大好きです。

エアコンで涼しくなった部屋の床は、柴犬には少し冷たすぎることがあります。
エアコンの風が当たらない場所に敷いてあげるなど、工夫してみてください。
暑くなれば、自分から床に寝転んだりして体温調整をしますので、居場所を作ってあげましょう。

以上、柴犬はエアコンが苦手についてまとめると、次のようになります。

・柴犬はエアコンの冷房が苦手
・体が冷えるため、エアコンを嫌がる
・冷えたら室外に行って、体を温めている
・外で飼っている柴犬は、暑さにも寒さにも強い
・室内で飼っている柴犬は、暑さには強いが寒さに弱い
・柴犬は暑さには強いが、熱に鈍感なので注意が必要
・柴犬の体調管理は飼い主の責任

人間にとって暑さが辛い夏は、エアコンなしで過ごすのは厳しいですが、柴犬にとってエアコンは必ずしも必要なものではなさそうです。
だからと言って、室内飼いの柴犬を外飼いにすることもできませんよね。
人の犬の体感温度が違うことを理解した上で、柴犬の様子を見ながらお互いが過ごしやすいように工夫して行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
柴犬 室内
早恵をフォローする
〜ペロパッソ〜 柴犬の飼い方を知って一緒に楽しく暮らそう!
タイトルとURLをコピーしました