スポンサーリンク

柴犬はこたつが大好き!?その理由は、室内飼いだからこそ?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

柴犬とこたつと聞いて、あなたはどんな光景を思い浮かべますか?
外で元気いっぱいに駆け回っているイメージがある柴犬にとって、
こたつは無縁かと思いきや、実は、柴犬はこたつが大好きなんです。

柴犬が?猫じゃなくて?

と思うのも、無理はありません。

外で飼うのが当たり前だったころの柴犬にとって、こたつは縁がないものでした。
しかし、今は柴犬も室内で飼うのが当たり前になってきましたよね。

寒さに強そうな柴犬ですが、実は意外と寒がりなんです。

柴犬などの日本犬は、ダブルコートと言われる毛の犬種です。

ダブルとはそのままの意味で、2種類の毛があること意味しています。
その1つをオーバーコートといいますが、表面を覆っている硬くて太い毛をしています。
もう1つは、細くてやわらかい、内側に生える毛をしており、アンダーコートといいます。

本来なら、季節の変わり目の換毛期にアンダーコートが抜けたり増えたりして、
外気温に対応することができるのですが、

室内で飼っていると、年中気温差が少ないため、換毛期がほとんどありません。
冬になっても、アンダーコートがほとんど生えないので、夏毛の状態のままなのです。

人間だって、雪でも降りそうな冬の季節に、上着も着ないで外に出たら寒いですよね?
外で飼っている柴犬なら、たっぷり生えたアンダーコートがあるので大丈夫なのですが、
室内で飼っている柴犬にしてみれば、冬の外は寒くて仕方ないのです。

お散歩は大好きだけど、寒さが身に染みる…ってとこでしょうか。

そんな柴犬が、外から帰ってきて真っ先に入るのが、こたつの中!
というわけなんです。

冬になると、散歩中にかわいい服を着ている犬をよくみかけますが、
室内で飼う小型犬用の服がたくさん売られているのも、納得がいきますね。

しかし、室内で飼っていても、服を着るのは苦手な犬も多いので、
服を着せるかどうかは、その犬の様子を見て判断してください。

冬になってこたつを出すと、電熱線の下で横になって寝ていることが多いのですが、
こたつの丁度真ん中にデーンと横たわっているので、足を入れることができないことがよくあります。

ですが、ずっとそこで寝ていると、さすがに暑くなってくるのでしょう。
こたつから体を半分出して寝ていたり、さらに暑くなったらこたつから出て、
床の上で体を冷やしたりしていることもあります。
のども渇くのか、ガブガブと水を飲んだ後、寒くなって、
またこたつの中にもぐりこんでしまう…
毎日そんなグータラな生活を送っています。

柴犬を室内で飼うまでは、こんなにもこたつ好きだとは思いもしませんでした。

こたつだけでなく、ストーブやファンヒーターも大好きです。

大好きなのは良いのですが、柴犬は、熱さに対して少し鈍感なところがあります。
特に、ストーブやファンヒーターは、くっつきすぎて毛が焦げたり、やけどをしてしまうこともあるので、注意してください。

こたつは、そのような心配はしなくても良いのですが、ずっとこたつに入っていると、皮膚が乾燥してしまうことがあります。
柴犬はアトピー性皮膚炎になりやすいなど、皮膚が弱い傾向にありますので、気をつけてあげましょう。

こたつが大好きな柴犬ですが、実はこたつよりもストーブ(ファンヒーター)の方が好きかもしれません。

ストーブとこたつ、両方ついていたらどっちを選ぶか?といいますと、ストーブなんです。
ストーブがついていたら、こたつには目もくれず、ストーブの前にまっしぐらです。
たとえ、誰かがストーブの前に座っていたとしても、いつの間にか、その人より前にいたりします。
確かに、ストーブの方が目に見えて、直に熱を感じることができるからかも知れませんが、柴犬の暖かい場所好きなのには、驚きます。

夏も、エアコンが効いている部屋はあまり好きではなく、涼しくなると、部屋から出たがります。
部屋から出て、どうしているのかと思いきや、日向ぼっこをしていたりするのです。
真夏のあの暑い中、わざわざ日に当たりに行くなんて、意外ですよね。

柴犬が日向ぼっこをする理由は、体についた虫などを駆除するためでもあるそうですが、
それ以上に、体が冷えるのが苦手なのかもしれません。

このように、夏の暑さには強い柴犬ですが、それは暑さに対して鈍感であるとも言えます。
犬も人間と同じく熱中症にかかることがありますので、注意してあげましょう。

エアコンの効いた涼しい部屋が苦手なので、可能であれば、エアコンを入れていない風通しの良い部屋で過ごせればベストです。

以上、柴犬とこたつについてまとめると、次のようになります。

・柴犬は猫にも負けないくらいのこたつ好き
・室内で飼っている柴犬は、年中夏毛のため寒がり
・こたつから出たり入ったりを繰り返して1日を過ごす
・実は、こたつよりもストーブが好き
・夏、エアコンが効いた涼しい部屋は苦手
・真夏でも日向ぼっこをする

このことからわかるのは、柴犬は暑さよりも寒さが苦手ということです。
室内で飼うなら、柴犬の寒さ対策をしっかりとしてあげることが大切ですが、
夏の暑さ対策もちゃんとしてあげてください。
柴犬の様子をみながら、居心地の良い環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
柴犬 室内
早恵をフォローする
〜ペロパッソ〜 柴犬の飼い方を知って一緒に楽しく暮らそう!
タイトルとURLをコピーしました