柴犬の尻尾の種類はいくつある?巻き尾だけじゃないって本当?

柴犬のクルンと巻いた尻尾、可愛いですよね!
その巻き方も、実に様々な種類があるのはもちろん、
巻いていない尻尾を持った柴犬がいることを知っていますか?

今回は、そんな柴犬の尻尾について解説したいと思います。

まず、一般的な巻き尾ですが、

①右巻き
②左巻き
③右二重巻き
④左二重巻き
⑤車巻き
⑥半巻き
⑦背叩き
⑧差尾

おおざっぱに分けて、8種類あります。

巻いていない尻尾も、

⑨太刀(たち)尾
⑩薙刀(なぎ)尾
⑪柳尾
⑫牛蒡(ごぼう)尾
⑬茶先尾
⑭株尾
⑮無尾

7種類もあるんです。

どんな尻尾なのかは、読んで字の如く、そのままのイメージです。

合わせて15種類もあるんですが、
実際によく見かけるのは、

①右巻き
②左巻き
③右二重巻き
④左二重巻き
⑤車巻き

の5種類かも知れませんね。

子犬の時は巻いていなくても、
成犬になると巻き尾になることも多いです。

将来どんな尻尾になるのか気になったら、
子犬をの親の尻尾を見せてもらったら良いと思います。

ですが、必ずしも親と同じ尻尾になるとは限らないので、
あくまで参考程度と考えておいた方が良いでしょう。

我が家で飼っている柴犬の尻尾はどれだろうと確認してみたら、

②左巻き

でした。

④左二重巻き

に見えなくもないのですが、
臆病な性格で、すぐに尻尾を下げるので、どっちなのか微妙な感じです。

以前飼っていた柴犬は、

③右二重巻き

でした。
とても巻きが強く、余程のことがない限り、尻尾を下げない性格だったので、
尻尾が当たる背中の毛にくぼみができていました。

なぜ、こんなにも様々な尻尾の種類があるのかは謎ですが、
個性の一つとして見ると、おもしろいです。

一見すると、さほど見た目には差がないように感じられる柴犬ですが、
よく見ると、みんな顔も違うし体型も違います。

毛色や毛質はもちろん、爪の色、目や耳の大きさもそれぞれで、
性格も驚くほど違います。

人間と一緒で、柴犬もとっても個性的なんです。

同じタイプの巻き尾でも、毛量や太さが違ったり、
毛の色も違ったりと、実に様々です。

基本的に、尻尾を触られるのは嫌がる柴犬が多いので、
無理に触ろうとするのはやめてください。

ただし、飼っている柴犬の場合は、尻尾を触っても嫌がらないようにしておきましょう。
尻尾に限らず、全身のどこを触っても嫌がらないようにしておくのが理想です。

健康チェックを兼ねて、毎日全身を触るようにすると、慣れて嫌がらなくなります。

尻尾は犬の感情を表す大事な場所ですが、それと同じくらい体調を表す場所でもあります。

怖いなどの理由がないのに、尻尾がだらんと下がっているときは、体の調子が良くないかも知れませんので、注意してあげてください。

なぜ柴犬の尻尾は巻き尾なのか?
おもしろい説があるのでご紹介します。

柴犬はもともと猟犬であったことは有名ですよね。
猟犬として飼われていた時代の柴犬の尻尾は、巻き尾ではなく太刀尾が主流でした。
猟師は、尻尾の状態で獲物が近くにいるかなどの判断をしていたそうです。
ところが近年、柴犬はペットとして飼われることが主流となり、猟をする必要がなくなった柴犬の尻尾は、太刀尾である必要もなくなりました。
長年、ペットとして飼われるようになる内に、尻尾の筋力が低下して、
巻き尾になったのではないかと言われています。

今の柴犬は可愛らしさが強いですが、猟犬時代の柴犬はきっと格好良かったのでしょう。
太刀尾の柴犬は、山陰柴犬に残っているそうです。

山陰柴犬でなくても、中には尻尾が巻かない柴犬もいると思います。
トレードマークとも言える、あの巻き尾がなくて残念に思うかも知れませんが、
それは、猟犬時代の名残を受け継いだ柴犬ともいえます。

今は尻尾を巻いていない柴犬の方が少ないので、希少価値が高いと思いませんか?
古来の柴犬の遺伝子を受け継いでいるのだと、誇りを持って良いと思います。

巻き尾は、柴犬以外の日本犬にも多いので、日本犬の特徴とも言えますが、
実は外国にも、巻き尾の犬が結構いるんです。

巻き尾になった理由は、柴犬と同じかどうかはわかりませんが、
興味深いですね。

余談ですが、豚の尻尾とイノシシの尻尾の違いも同じなのだそうです。
確かに、豚の尻尾はクルンと巻いていますが、イノシシの尻尾は巻いていませんよね。

イノシシを家畜化したことで、豚の尻尾も徐々に丸まっていったのかも知れません。

いつも尻尾をクルンと上に巻いていて、お尻の穴丸出しの柴犬。
それがちょっと恥ずかしく(?)もあり、愛らしくもあるのですが、
基本的にうんちで尻尾やお尻周辺の毛が汚れることは、まずありません。
おしっこも同様。
その点は、手がかからなくて楽な犬種です。

柴犬の尻尾の種類についてまとめると、次の通りになります。

柴犬の尻尾は大きく分けて、巻き尾と巻いていない尾の2種類になる
巻き尾は8種類、巻いていない尾は7種類ある
子犬のときは巻いていなくても、成犬になると巻くことが多い
猟犬時代の柴犬の尻尾は巻いていなかった
ペットとして飼われるようになってから、徐々に巻き尾になった

どんな尻尾の柴犬でも、縁あって我が家に来てくれた大切な家族です。
飼った以上は、最後まで責任も持って可愛がってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました