柴犬の爪の色を知っていますか?毛色は関係ない?その理由とは

柴犬の爪は、一色ではないことを知っていますか?
私は二匹目の柴犬を飼うまで、知りませんでした!
それを知ったときの驚きは、今でも忘れません。

そんな柴犬の爪の色について、ご紹介したいと思います。

柴犬の爪の色は何色あるのでしょうか?

以前、外で飼っていた赤柴の爪の色は、黒一色でした。
子犬のときから、すべての爪の色が黒です。

なので、柴犬の爪の色は黒なんだと思っていました。

ところが、次に飼った黒柴の爪の色は、何と二色!
しかも、黒と白(ピンク?)の爪が交互にあることに驚きました。

柴犬の爪は基本二色で、黒か白なのがほとんどですが、
うちの黒柴のように、二色が混在していたり、
前足は白一色なのに、後ろ足は黒一色の柴犬もいます。

柴犬の爪は、前足が5本(両前足合わせて10本)、後ろ足が4本(両後ろ足合わせて8本)あります。

うちの黒柴の爪の色は、前足の爪の内、3本が黒で2本が白だったり、
別の足では、黒と白の割合が違っていたりしました。

しかも、子犬から成犬に成長する途中で、白から黒に変わってしまった爪もあります。
柴犬の爪は、実に不思議でおもしろいことを知りました。

変わっていく途中の爪の色もおもしろくて、途中まで白、途中から黒になっています。

人間の、白髪になりかけの髪の逆バージョンのようで、
根本から黒くなりはじめ、爪先に向かって徐々に白くなっていました。
まるで、白い爪に黒色が侵食するような感じで、徐々に黒くなって行き、
気がつけば、白い爪が黒い爪に変わっていました。

大きくなるにつれて、白の爪が徐々に減って、黒の爪が多くなりました。

成犬になっても爪色の変化は続き、今は大体、黒4:白1の割合になっています。

最初から黒一色とか、白一色の爪色の場合は、途中で色が変わることは少ないようです。
ただし、白い爪の場合は、途中で変わる可能性がないとは言い切れませんので、
観察してみるのも、おもしろいかも知れませんね!

爪の色で爪切りの難易度が違う

柴犬の爪は、外飼いで日ごろから動き回ったり、しっかり散歩をしていれば、適度に爪が削れるので、爪切りは基本必要ありません。
しかし、室内で飼っている柴犬は、たとえ散歩をしていても、そこまで削れないことが多いので、爪切りが必要になります。

この爪切りは、苦手な柴犬も多いので、飼い主が切るのは結構大変です。

特に、黒い爪はどこまで切ってよいかがわからず、切る方も怖いです。

柴犬の爪は人間と違い、血管が通っています。
白い爪なら、その血管が見えるのですが、黒い爪だと、その血管が見えません。
もし、その血管を切ってしまったら、当然ながら出血してしまいます。
出血しても、そこまで心配することはないのですが、
出血すれば柴犬も痛いでしょうし、それがトラウマになって二度と爪を切らせてもらえなくなるかも知れません。

うちも爪切りセットを購入して、子犬のときに何度か爪切りをしていましたが、
体と足が動かないようにしながら爪を切るのは、なかなか大変でした。

特に、黒い爪は血管を切らないように、白い爪を参考にしながら切っていたのですが、結構難しいです。
血管を切ってしまうのが怖くて、結局、爪先の伸びたところだけを、ちょこっと切ることしかできませんでした。

そんな状態での爪切りは、飼い主も柴犬もストレスになってしまいますので、
爪切りは、プロに任せた方が安心です。

トリマーさんのいるペットショップなどに行けば、安価で爪切りをしてもらえますので、
黒い爪の柴犬は、プロに任せることをおすすめします。

価格は地域によって違うと思いますので、参考価格になりますが、
私の地域では500~600円位です。

動物病院で切ってくれる場合もありますので、病院に問い合わせてみても良いと思います。

爪の色が違う理由

白柴だから白い爪、黒柴だから黒い爪とは限らないので、
毛の色で爪の色が決まっているわけではないようです。

それでは、爪の色の違いには、どんな理由があるのでしょうか?

一つは、メラニン色素の量の違いです。
人間も、メラニン色素の量によって、肌や髪、瞳の色などが違いますよね。
それと同じです。

それが理由なら、白柴は白い爪、黒柴は黒い爪が多いということになりますが、
うちの黒柴のように、黒と白、両方の爪の色を持っている柴犬もいますよね。

どうやら爪の色は、メラニン色素以外にも理由がありそうです。

もう一つの理由は、遺伝です。

うちで飼っている黒柴の両親は、母親は黒柴ですが、父親は白柴で、
うちの犬を入れて黒柴が2匹、白柴が1匹の3匹兄弟です。
親犬の毛色と子犬の毛色が違ったり、兄弟の毛色が違ったりするのはよくあることです。
さらに、母親と父親の毛色が違う場合は、両方の影響があっても不思議ではありませんよね。

遺伝の影響は、どんな風に出るのかわからないので、おもしろいですね。

柴犬の爪の色についてまとめると、次のようになります。

・爪の色は基本二色だが、その色がどう出るのかはわからない

・黒い爪の爪切りは難しいので、プロに任せる

・爪の色の違いは、メラニン色素と遺伝が影響している

柴犬を見かけたら、爪の色を確認してみるのも、おもしろいかも知れませんね!

以上、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました